2018年10月21日 (日)

心臓を一旦止める

7月に申し込んでおいた救命講習に参加しました。

募集人員30名のところ、出席者は3名だけでした。
寂しいですけど、それだけ実技の練習をより多く出来たのだと思います。

受講結果について、結論から言うと、生身の人間に心臓マッサージは行えない気がする...。
きっと、肋骨が折れてしまうのではないか、と躊躇すると思います。

だけど、これまで思い描いていたイメージが全く間違っていたと言う事を認識できたのは、とても大きな収穫でした。

  • AED(除細動器)
    電気ショックを与えて、止まった心臓を動かす
    のでなく、
    心臓(の細動=けいれん)を一旦止める、
    が正しいそうです。
  • 胸骨圧迫(心臓マッサージ)
    これも、対外から振動の刺激を与えて、止まった心臓を動かす
    のでなく、
    心臓を(直接)押して動かす、
    が正しいそうです。
    なので、肋骨が折れるくらいの圧迫が必要なのだそうです。

講習終了時に「修了証」を頂いた。
20181021_1kyumei
技能を維持する為にも2~3年間隔で受講した方が良いそうです。

=== 参考 ===
【人間ドックのここカラダ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

もう年末...

10月になったばかりですけど、もう年末だなぁ、って感ずる事がありますね。

地震保険の控除証明書が届いた。
生命保険の控除証明書が届いた。

まだ一部ですけど、年末の始まりって感じですネ。

実感ないですが...

サラリーマンだと、早ければ年末調整の手続の時期ですよね~

早期退職の身に年末調整は縁なし...

それと、ポルテのスタッドレスタイヤを考えないといけない季節です。

=== 参考 ===
【ぐるなび新規会員登録】

【宴会・グルメ検索:ぐるなびネット予約】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

年寄りをこき使う

今が(たまたま)人手不足だからなのか、定年後もより長く働いてもらおうとか、年金も70歳以後から支給開始できるようにしようとか、「総活躍」の美名の下、老人をこき使おうと言う醜い政策方針が出ている。

やめて欲しいヨ。

NAZの様に、早期退職して、以後職に就かない(就けない)高齢者が、まるで悪人だと言わんばかりだ。
しかも、これでは福祉の後退だ。

数年前は就職難(雇用不足=人余り)と言われていたはずで、将来はAIその他の技術の進歩によって、それ以上の人余り(雇用減少)になると予測されている。

だから、そのような大きな流れを踏まえて、むしろ、安心して老後を過ごせるような政策を推進すべきだと思う。
定年を早めるとか、年金支給開始を早めるとか。
早期退職して、後進に道を譲った場合、優遇するとか。

政治批判とかそう言う事でなく、
単に自分の身の回りの事を綴っているだけです。

現役だった時代に担当していた金融業界では、大幅な人員削減が既に始まっています。
さらに不思議な事に、同時にATMも減少させる方針も出ている。
これ、ちょっと考えたら相反する様でおかしいんだけど、それこそ技術の進歩によって、カード(クレジット,デビット)や電子マネー(や仮想通貨も)により現金を使わない”キャッシュレス化”がますます進むからなのです。
ATMから現金を引き出す必要なんてないんです。
(現役時代を振り返ると、ATMはとんでもなく高額だったし)
現金が無くなれば、お札を数える(札勘する)人間も要らなくなるんだよね。

何れにせよ、定年を早めたり、年金支給を早めたりで、老後を安心して暮らせるような福祉社会が望ましいと考えます。
その方が、若い人(男女問わず)に「総活躍」してもらえる機会も増えるはずです。

=== 参考 ===
【キャッシュバック賃貸】

【レイコップ公式】 【デル・オンライン】
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

昔は○○だった

無い事が分かっているのに、未来でも平成の元号を使い続ける件の<追記1>の続き。

来年3月以降に運転免許証の有効期限が西暦表示になると言う事である。
その理由は、譲位(による改元)ではなく、外国人の増加によるものだと言う事です。

だけど、生年月日欄は西暦に変更しないと言う事なので、理屈に合わないですよね。
外国人の生年月日に和暦を使うって、あまりにも違和感強過ぎますよね~。

また正式な警察庁の資料によると、
「有効期限の末日を西暦で表示する事を可能とするため
不動文字の『平成』を記載しない
とある。

これをシステム開発の”仕様書”と考えると、「西暦表示も、和暦表示も、どちらも可能にする」変更だな、と解釈できます。

要するに、今回の譲位の様に、”改元されるが、まだ新元号が決まっていない”状態の時だけ西暦で表示(2020年とか)できるようにする対応ではないか?
そうじゃない場合は、空欄になった部分に「昭和」とかの元号をデータ(プログラムの/アプリの)として印刷すれば良い。

そうしておく事で、新元号が決まった場合、速やかな新元号での表示も可能になります。
もちろん、外国人の場合、常に西暦で表示するって事も可能ですし。

…現役エンジニアだった時代、そう言う事を考えていました。

政府の方針として、今後(改元後)も行政手続きでは和暦(元号)表記を続けるそうなので、あくまでも一時的な対応として西暦表示をするだけじゃないかと予想しております。

=== 参考 ===
【はたらいく】 【BIZREACH(ビズリーチ)】
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

救命

先月、妻が包丁で怪我した事がキッカケの一つなのかも知れませんが、市(消防)が行う救命講習を申し込んだ。
平成30年度 救命講習のお知らせ(瀬戸市)

最も簡単な「基礎コース」(1.5時間)です。
成人に対する心臓マッサージとAEDの取扱いをマスターできるらしいです。

他に、人工呼吸や大出血時の止血法を含んだ「普通救命講習Ⅰ」(3時間)や、小児や乳児に対する手当も含んだ「上級救命講習」(8時間)などもあります。

上記に、キッカケと書きましたが、早期退職したことで、そう言う場面に遭遇する可能性も高まっていると思うのですよ。

受講した結果などは、気が向いたら、書くかも知れません。

=== 参考 ===
【はたらいく】

【BIZREACH(ビズリーチ)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

臨時休止

地元信金から、臨時休止のお知らせハガキが届いた。

ハガキには書かれていないけど、Webサイトには10月の3連休に東海4県の信金が一斉に休止すると書かれてます。
個々の信金ではなくて、共同センターのシステム更改と言う事のようです。

早期退職したからもう関係ありませんけど、今も在職していれば、どこかの信金で立会いをして、3連休が潰れたでしょう...
どこだろう?...おそらく、交通の便の悪い辺鄙な信金の担当になるでしょう。

ちなみに、書かれている信金のうち、
愛知県で7金庫,
静岡県で5金庫,
岐阜県で2金庫,
三重県で1金庫
かつて、関係が有ったのです。

=== 参考 ===
【はたらいく(リクルート)】

【BIZREACH(ビズリーチ)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

生活費

在職時に積み立てた持株を一部、希望価格(指値)を指定して売りに出した。
無職のままなので、生活費の為です。
定期的に取り崩さなければ、生活できませんから。

しかし、今日は希望価格に届かなかった。
7月20日までの予定で売り注文をしているので、それまでに、希望価格に届いたら助かります。

最近の市場環境は良くないです。
例えば、今年のNISAでの購入銘柄は全て価格下落しています。

その他:

  • オリックス(8591)
    株主優待が届きました。(7/2)
    ”ふるさと”カタログギフトは良いです。
    株主カードは、ちょっと使い道がありません...
  • セイコー(8050)
    配当金計算書が来ました。(7/2)
  • DCMカーマ(3050)
    優待品届きました。(7/3)
    20180706_1dcm
  • 伊藤園(2593)
    株主総会の招集案内。(7/6)
    Webで議決権を行使した。

=== 参考 ===
【マネックス証券】 【楽天証券】
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

早くも納付書

昨年同様、今年も国民年金免除の申請をしました。

でも、昨年は、”一時収入”が有ったとして確定申告をしています。
なので、全額免除は難しいのじゃないかと予想しています。
減額されたら良いかなぁ~。

住民税も払わなきゃいけない訳なので

それを見越してか、早くも今日、妻と二人分の納付書が届いた。
去年は、7月6日だった。

申請の審査結果は、去年の場合、8月5日だった。
その結果を待つしかないですね。

=== 参考 ===
【はたらいく(リクルート)】

【BIZREACH(ビズリーチ)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

年2回も

先月(2月)の終り頃、財形年金の残高通知が届きました。
昨年8月にも来ています。

制度上、半年毎(年2回)の残高通知が義務付けられているので、コスト的に勿体無いとも思います。
特に、早期退職を機に積み立てを中止して据置期間にしたNAZのようなケースでは、支払開始の3ヶ月前(「年金原資計算日」などと言う)にならないと、残高の変動は起きませんから...
(その辺の仕組みはこちらを参照下さい)

超低金利時代ですし、制度の創設当初のような財形の金利優遇もほとんど無いようですので、年金原資計算時も大して残高は増えないように思います。
非課税と言う事だけが救い...

=== 参考 ===
【BIZREACH(ビズリーチ)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

ねんきん定期便

ねんきん定期便が届きました。

月末ギリギリに届くってのは、今年は遅かったのかな?
去年は中旬に届いた。)

内容的に目に付いたもの。

  • 最近の月別状況
    全て”全額免除
  • これまでの納付額
    すごい金額、払ってます...
    元取れるかな?
  • 加入期間
    国民年金第1号として2年弱の月数になっているので、”全額免除”で全く納付していないけど、加入期間としてはカウントされています。

年金支給額が少しは減るけれど、免除してもらえるなら受け入れるべきでしょうね。

逆に、再就職できて年金保険料を払っても、その払った分に見合うだけ年金が受け取れない(予想)のだから、モチベーションになりませんね。

=== 参考 ===
【はたらいく】  【ビズリーチ】
  
(リクルート)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧