« 確定申告(還付)で結果的にお得だったのか? | トップページ | ”お使いのブラウザー用にMicrosoft推奨の設定を使用する” »

2019年6月15日 (土)

追納のご案内…騙されないぞ!

妻宛に「国民年金保険料追納のご案内」が来た。

早期退職により、無職で収入が少ないため、国民年金保険料の支払いを免除減額)してもらっています。

それに対して、免除されて支払っていない分を追納後で支払う)して欲しいと言う主旨ですよね。
ただ、内容的には、支払うとこんなにお得ですよ、逆に、支払わないと損しますよと言う論旨になっている。
詳しくない人にとっては、『軽い脅し』になると思う。

注意が必要です。
騙されないように!

こんな感じ
20190615_1nenkin
「受取額を満額に近づける」って言う表現は正しいです。
しかし、
20190615_2nenkin
「税金が戻る」と言うのは完全な嘘ではありませんが、低所得の為に免除を受けている訳なので、「戻る税金額」に期待は持てませんよね。
だって、そもそも税金をほとんど払ってませんから(笑)
この点が該当するのは、かなりの高収入の人に限定されます。

次の、「追納しなかった場合の年金額」。
これが、大嘘です。

分かり易い例で見ると、全額免除で「8分の4」(つまり半分)ってありますが、受け取る年金額半分になるのではありません
全額免除されていた期間に関して、1円の保険料も払わなくても、半分は保険料を支払った扱いになると言うのが、正しい意味です。
しかも、納付期間にもカウントされます。(未納とは大違い!)

具体例で考えると、40年の納付期間の内、5年全額免除された場合だと、35年分は全額納付しており、残り5年は半分の扱いになり、2.5年分の全額納付と同等と言えます。
よって、37.5年÷40年の計算が成り立ち、93.75%の年金を受け取れます。
(実際に支払った保険料は87.5%分にも拘らずです。)
しかも、NAZの場合は、早期退職までの期間は、企業の厚生年金加入ですので、もっと100%に近づきます。

案内にあるように、8分の4(つまり半分)の年金額なんて、全くの嘘っぱちです
騙されないようにしましょう!

年金のサイトで、自分自身の条件でのシュミレーションが出来ますので、じっくり、検討すべきでしょうね。


【週刊ダイヤモンド】 【はたらいく】
 

|

« 確定申告(還付)で結果的にお得だったのか? | トップページ | ”お使いのブラウザー用にMicrosoft推奨の設定を使用する” »

早期退職」カテゴリの記事

節約生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 確定申告(還付)で結果的にお得だったのか? | トップページ | ”お使いのブラウザー用にMicrosoft推奨の設定を使用する” »