« 1ヶ月経たず | トップページ | 年度内の公金支払い終了 »

2019年3月 3日 (日)

原始的な原因でした

火曜日に、ドアの修理で入院したポルテ
具体策なき長期入院だと思っていました。

昨夜、ディーラーの営業から連絡があり、
「明日の朝、最終確認して結果が良ければ完了」
との事。

で、
今朝、連絡があり、退院のお迎えに行った。

…今日だけの確認結果ですけど、
  直りました

説明によると、
ドアを受け止めるゴムパーツが、経年で磨り減って、柔軟性が劣化していた。
2つのゴムを交換した。
20190303_1portedoor
(拡大)
20190303_2portedoor
20190303_3portedoor
それによって、ノブを引いた時、ドアが外へ浮かない事が原因だったそうです。
ほんの1~2ミリの差で。

⇒判ってみれば、とても原始的な原因だったようですね...

ありがち

しばらくは、様子を見てみます。

約1年悩まされた
ストレスから解放されるなら
大変うれしい!

=== 参考 ===
【ガリバー中古車】 【ロードサービス:JAF】
 

|

« 1ヶ月経たず | トップページ | 年度内の公金支払い終了 »

ポルテ(TOYOTA Porte)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原始的な原因でした:

« 1ヶ月経たず | トップページ | 年度内の公金支払い終了 »