« 期限があるなんて思ってもいなかった | トップページ | 年寄りをこき使う »

2018年9月13日 (木)

いっつも肘の内側に

先日、皮膚科へ行きました。
投薬により、痒(かゆ)みはすぐに治まり、湿疹の肌の状態も落ち着いてきました。

そんな昨日の午後から、肘の内側に、蚊に刺されたようなまん丸い”膨らみ”が出来ました。
以前から(不)定期的に同じ場所に出来るんです。
痒みや痛みは全く強くないし、半日~1日で消えます。
実は、先日の湿疹の初期段階にもいつもより大き目のものが出来てました。
今回は大きい上に、親子で大小2つ出来ました。
20180913_1_2300
(夜23時)
この時が、ほぼピーク状態だと思います。
 …
しばらくして、寝る直前の状態で観察しました。
20180913_2_0100
(深夜1時)
かなり薄れています。
 … …
朝になったら。
20180913_3_0800
(今日の朝8時)
跡形もなく消えています。

何度も同じ場所に発現するので、「何だろう?」と、とても不気味です。
とってもレアな恐ろしい病気なんでしょうか?
気のせいかも知れないけど、体のどこかに現れる湿疹と時期を前後(もしくは同じく)して発現しているように思います。

ちょっとググって調べてみたところ、同じように肘の内側に繰り返し出来る人も居らっしゃるようです。
知恵袋的なQAによると、「蕁麻疹」(じんましん)の一種らしい。

恐ろしい病ではなさそうでホッ。

==== 参考 ====
【人間ドックのここカラダ】

|

« 期限があるなんて思ってもいなかった | トップページ | 年寄りをこき使う »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いっつも肘の内側に:

« 期限があるなんて思ってもいなかった | トップページ | 年寄りをこき使う »