« 見学なんて行けないよ | トップページ | 暴利とも言える上乗せ »

2018年4月 3日 (火)

無益な犯人探し

先月21日、三井住友海上のカスタマーセンターに電話して、アクアとポルテの自動車保険の被保険者(主運転者)の入替えの手続をお願いした。

  • アクア:NAZ→次男
  • ポルテ:次男→NAZ

カスタマーセンターへ電話したのは、両車の代理店が違うから、カスタマセンターなら1回の連絡で対応できると思ったから。
それはそれで正解でした。

なぜか不明ですが、ポルテの手続のみ、両名の免許証のコピーが必要と言う事で、送付用封筒が届いたので、29日に送った。

そして、昨日、アクアの変更の通知が来た。
しかし、次男の生年月日の”日”が間違っていた。

なので、今日、再び保険会社のカスタマーセンターへ電話して、たぶん、こちらが言い間違えたので訂正して欲しい旨依頼した。

しかし、これがすんなり行かなかったのです...

すぐに”変更します”とは言ってくれなくて、「3月21日の記録(通話録音)を確認しなければならない」と言うことで、「すぐに当時の記録の確認はできないので、確認が取れた後に連絡します」となった。

  • 三井住友海上は、手続のミスについて、その犯人探しをするのか?
  • そのミスの原因がこちら側にあった場合、ペナルティでもあるのか?
  • そもそも、保険の変更依頼が受け入れてもらえない事があるのか?

とにかく、不信感しか抱けない...
非常に不愉快だ。

約3時間後、電話が来た。

「お客様の申し出の内容に誤りはありませんでした。」
「弊社側での入力ミスでした。」
「生年月日を訂正いたします。」

前述のような不信感しか持っていないので、いろいろ詰問した。

このような不毛な犯人探しをしてどんなメリットがあるの?

電話担当者から回答は得られなかった。
「上席に伝えます」との事だったが、
「単なる上席じゃなく、経営陣に伝えてもらいたい。そして、回答を頂きたい」と訴えた。

<追記>
翌4月4日現在、犯人探しの有益性について回答はない。

<追記>
4月20日、生年月日の訂正の通知が届いた。
犯人探しについては音沙汰なし。

=== 参考 ===
【JAF】   【ガリバー愛車査定】
 

|

« 見学なんて行けないよ | トップページ | 暴利とも言える上乗せ »

アクア(PRIUS C)」カテゴリの記事

ポルテ(TOYOTA Porte)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無益な犯人探し:

« 見学なんて行けないよ | トップページ | 暴利とも言える上乗せ »