« キリキリ | トップページ | 公金はnanacoで支払い »

2017年11月 6日 (月)

総合病院で診てもらえない(リウマチ性多発筋痛症)

母の謎の全身痛について、経緯を整理してみます。

  • 3月 整形外科クリニック
    頚椎症性神経根症腰部脊柱管狭窄症
  • 総合病院
    落ち着かないので、総合病院へ行くも、紹介状がなく、診てもらえず
  • 別のクリニック
    全身的な疾患の疑いとの事で総合内科向けの紹介状をもらう
  • 総合病院
    紹介状によって総合病院で受診・検査
  • 4月 総合病院(膠原病科)
    リウマチ性多発筋痛症との診断
    ステロイド薬により、症状はかなり改善
  • 6月 総合病院→整形外科クリニック
    痛みの再発
    総合病院で受診するもリウマチ性多発筋痛症ではないとの判断で、
    整形外科クリニックを受診し腰部骨折が判明
  • 総合病院の膠原病科廃止
    他の膠原病専門病院を紹介されたが、最初に難病を見つけてくれた「別のクリニック」でのステロイド投薬を継続

現段階での疾患としては、次の2つになります。
頚椎症性神経根症の診断については誤りで、「リウマチ性多発筋痛症」。
腰部骨折は治癒したが「腰部脊柱管狭窄症」。

今の整形外科クリニックでは腰部脊柱管狭窄症が全く改善しないので、今日、母を別の中規模病院へ連れて行った。
初診なので全ての検査結果は出ていないが、リウマチ性多発筋痛症もウチで診ましょうか、と言う事を言ってくれた。

別のクリニックとの兼ね合いもあるが、NAZはその方が良さそうに感じる。

また、腰部骨折についても、腰部の骨が変形して、そのため腰部脊柱管狭窄症にもなっており、加えてステロイド薬による影響で骨が弱くなっている事も一因だろうとの診立てでした。

母がどう判断するか...?

=== 参考 ===
【メディカルクラブ】  【ここカラダ】
  

|

« キリキリ | トップページ | 公金はnanacoで支払い »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総合病院で診てもらえない(リウマチ性多発筋痛症):

« キリキリ | トップページ | 公金はnanacoで支払い »