« 欠伸(あくび)じゃなくて | トップページ | WiMAX更改の検討 »

2017年8月30日 (水)

MOON

先日購入した望遠カメラ"PENTAX X70"(リコー)で、月の撮影を試みました。

<8月13日>失敗作
20170830_1moonng 20170830_2moonng
オートで撮ってみましたが、月が明るすぎますね。

<日中の月>(今日)
20170830_3moonday 20170830_4moonday
これもオートですけど、まぁまぁですね。

両者のプロパティ内容を比べると、
 ・露出時間:1/13 → 1/125
 ・ISO速度:800 → 160
マニュアルで設定すれば問題ないのでしょうけど、それでは面白味が無い...(笑)。
何とか、オートでキレイに撮りたいと試行錯誤してみました。

<夜の月>(今日)
20170830_5moonok 20170830_6moonok
何とか、見栄えの良い月になりました。

失敗作と今回のプロパティ内容を比べると、
 ・露出時間:1/13 → 1/125
 ・ISO速度:800 → 400
決して、露出,シャッタースピードやISO感度の設定を直接変更していないのですけど、何を変更したのでしょう?・・・

今回変更したのは、
 ・測光モード:パターン → スポット
でした。

明る過ぎる月の部分だけで測光すれば、シャッタスピードも早くなるのではないかと考えたのでした。
しかし、測光方式の変更は、かなり限られたモードでしか出来ません。
今回は、シーンモードの夜景でスポット測光に変更してみました。
それによって、露出時間やISO感度が良い方向に調整されたのですね。

一眼レフを使わなくても、新型でなくても、旧型の中古の高望遠のコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)でもこの程度の写真は撮れると言う事ですね。
フリマやオークションでも充分ですね。

=== 参考 ===
【モバオク】 【ヤフープレミアム】
  

【ラクマ】
+=========+
  7XXOQCLN 
+=========+

|

« 欠伸(あくび)じゃなくて | トップページ | WiMAX更改の検討 »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MOON:

« 欠伸(あくび)じゃなくて | トップページ | WiMAX更改の検討 »