« 甘え体質 | トップページ | 首脳会議 »

2009年12月 1日 (火)

点滴交換

午後は仕事をお休みにしました。
父の入院する病院へ行きました。

自宅で療養してもらう為に、点滴交換方法の説明などを病院で聞きました。
自宅の場合、ポンプを使って点滴を流し込むので、主にポンプの使用方法が中心になります。
充電式で、毎日、電池と輸液の交換をする事になります。
なので、点滴は基本的に24時間する事になりますね。

ポンプだから、半日くらいで効率的に流して、あとの半日は点滴から解放されるのかな?と思っていましたが、そうではないようです。

針の抜き差しは(たぶん週1回)、訪問看護士の方に依頼し、その時に短時間点滴から解放され、入浴も可能になるようです。
それ以外は、点滴をしたままの生活で、入浴もせいぜい下半身浴になりそう。

見た感じ、今日は父の顔色も若干良かったようです。
でも、母は「足がこんなに細くなってしまって...」と申していました。

出来れば、週1回の針の交換時に、訪問看護士が来る前に、針の抜き方だけでも教わっておいて、ゆっくり入浴できるようにしてあげたら良いかも、と思った。

|

« 甘え体質 | トップページ | 首脳会議 »

癌の手術~闘病(父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 点滴交換:

« 甘え体質 | トップページ | 首脳会議 »