« 中心静脈点滴ポート | トップページ | 増えないようです »

2009年11月17日 (火)

ポート装着

予定通り、父の「中心静脈点滴ポート」の埋め込み手術が行われました。

母と共に付き添ってくれた妹からの連絡による。

午後3時頃、病室を出て手術へ向かう。
~ 手術 ~
午後4時半頃、手術を終え病室へ戻る。
 
その後、電話があり、
「家族に点滴の方法などを覚えてもらわなければならない」
と言う事で、NAZの事情もあり、日曜日に説明をしてもらう事にした。

それにしても、NAZはダメダメ長男で、父の手術にも立ち会う事が出来ない。
本当に、廻りの人たちに、たくさん助けてもらっている。
感謝の気持ちを忘れてはいけない。

たとえば...、
父が急変したりしても...、
見送ってあげる事も出来ないかも知れない.......

ダメダメな自分が悔しい~

仕事後、午後6時半頃、病院へ行きました。
ちょうど母と妹は引き揚げた直後でした。
麻酔が切れかけてきたためか、「少し痛み出した」と言う事でした。

それと、安定したら「外泊出来る」と聞いているらしく、その事をとても嬉しそうに話していた。
(たぶん、自宅で点滴出来るようになれば、退院になると予想)

やはり、自宅へ帰るのは、嬉しいのだね~

|

« 中心静脈点滴ポート | トップページ | 増えないようです »

癌の手術~闘病(父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポート装着:

« 中心静脈点滴ポート | トップページ | 増えないようです »