« ジュニア大会 | トップページ | 静粛 »

2009年11月22日 (日)

宣告~そんなに早いとは~

中心静脈点滴用のポートの埋め込み手術を行った父の件ですが、病院にて担当医の話を聞きました。
母,妹,妻、そしてNAZの4人。

リンパへの転移に加えて、肝臓への転移も認められるようになったそうです。
しばらく抗がん剤投与による治療も行ったが、効果が出ず、縮小どころか病巣の拡大が抑えられない状況のため、現在は投与を止めている。
現在は、水分・栄養補給と鎮痛剤等による苦痛を緩和する処置しか出来ない状況、との事。

そして、

今後について、

「最後のお正月を自宅で迎える事が出来るよう」に配慮して、在宅で点滴が出来るように、ポートの埋め込みを行った。
痛みなどの苦痛については、かなりコントロールできるので、自宅で最期を迎える事もできるはず、との事です。

さらに、

病巣の進行は想像以上に早くて、「余命数ヶ月」の状態だそうで、「お正月」を念頭に置いているものの、可能性としてそれまで持ち応えられない事もありうるそうです。

まだ、自力で歩く事も出来るし、
正直言って、
そんなに早いとは思っていなかったので、
かなり、ショックです...

|

« ジュニア大会 | トップページ | 静粛 »

癌の手術~闘病(父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宣告~そんなに早いとは~:

« ジュニア大会 | トップページ | 静粛 »