« 未知の世界へ向けて | トップページ | 腫瘍マーカー »

2008年10月 5日 (日)

ハルミン

歯槽膿漏,歯周病の方に、超朗報ですよ!。

 トケイソウ(別名パッションフラワー)に含まれる天然成分に、歯周病によって破壊された歯の周りの組織を再生させる機能があることを、中部大の禹済泰(ウゼテ)教授(天然物化学)と東京医科歯科大のグループが突き止めた。歯周病は「国民病」とも呼ばれて患者が急増しているが、効果的な治療薬は少ないだけに、新薬の開発に期待がかかる。
 禹教授は、骨粗しょう症の予防や症状改善に応用できる天然物質を研究。植物からの抽出物を含む3000以上の天然化合物から、骨の形成を促すような物質を探したところ、トケイソウの花や葉に含まれる成分「ハルミン」が、骨のもとになる骨芽(こつが)細胞を増やす効果があることを見つけた。
 そこで、禹教授はハルミンが歯茎で歯を支える歯槽骨(しそうこつ)の形成に応用できると考え、マウスで歯のもととなる歯胚(しはい)に小さなビーズに吸着させたハルミンを埋め込み培養。3週間ほどで歯槽骨のほか、歯の根元の歯根、歯根と歯槽骨の間のクッション状組織の歯根膜の形成量が、いずれも3-5倍促進できることが分かった。
 歯槽骨の形成を促す薬剤としては、ブタから取るタンパク質「エムドゲイン」があるが、大量生産は困難で高価だった。ハルミンだと人工的に生産が可能で、植物原料のため副作用も少ないとみられる。
 禹教授は「大型動物で効果を実証し、治療薬としての実用化を目指したい」と話している。

中日新聞

実用化には、しばらく時間が掛かりそうですが、すごく期待してます。

|

« 未知の世界へ向けて | トップページ | 腫瘍マーカー »

巻き爪&歯槽膿漏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハルミン:

» 骨粗しょう症 [骨粗しょう症]
骨粗しょう症に関するお役立ち情報サイトです [続きを読む]

受信: 2008年10月14日 (火) 11時59分

« 未知の世界へ向けて | トップページ | 腫瘍マーカー »