« 引退 | トップページ | 上顎洞炎 »

2008年4月27日 (日)

セカンドオピニオン

検査の為、入院していた父ですが、
さすがは、総合病院、
土曜日、日曜日は検査も何も進められないと言う事で、
一時帰宅して参りました。

見た目、全く元気ですし、
食欲も普通にあり、
とても、「すぐに手術が必要」
と言われた病人には見えません。

病院に詰めていてくれた妹や母の話だと、
年齢的(昭和7年生まれ)にも、手術に耐えられる体力があるかどうかの検査も必要との事ですし、胃だけでなく膵(すい)臓も悪いと言う事らしい。

妹などは、本当に手術が必要か,手術が良いのかって事も含めて、「セカンドオピニオン」も考えた方が良いんじゃないかと言い始めています。

まぁ、掛かり付け医師の診立てから、総合病院へ来て改めて検査をする、って言う現状も、ある意味で「セカンドオピニオン」なのだとは思うけど。

本人自身も、病院にいても、食事は病人食(お粥)しか出ず、
「これじゃぁ、本当に病気になっちまうよ」って話でした。

明日から病院で検査ですが、また5月3日から戻って来る予定。

|

« 引退 | トップページ | 上顎洞炎 »

癌の手術~闘病(父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セカンドオピニオン:

« 引退 | トップページ | 上顎洞炎 »