« 次回の出場、困難かな | トップページ | 陶のあかり路 »

2007年9月 3日 (月)

名古屋スタイル/瀬戸スタイル

冷やし中華にマヨネーズ

当たり前と思っていた事が、マクロ的視点では当たり前じゃなかったのですね
中日新聞

この地方で特徴ある食文化と言えば↓。

  • 味噌カツ
  • 味噌煮込み
  • 味噌おでん
    赤味噌、赤だし、八丁味噌文化ですから・・・
    当然、味噌汁だって、みそラーメンだって赤いっす
    学生の時、北海道の「おいしい」と言われるラーメン屋さんでみそラーメン食べたけど、その味以前に色を見て驚いてしまった(笑)
  • 小倉トースト
    他の地域の人は「キモイ」とおっしゃるけど、喫茶店とかお店で食すに留まらず、我が家ではごく普通に食パンには小倉あんと思っている。
    むしろ、小倉あんが品切れだったりすると、不機嫌になる。
  • きしめん
    メニューで「うどん」「そば」「きしめん」とあれば、迷わずきしめんを選びます。
  • コロ
    冷たいうどん(ちょっと違うけど)。「香露」と書く。
    ころの美味い店はとても少ない。
  • あんかけスパ
    香辛料の効いたあんが掛かっている。
    小倉のあんとは違いますよ。
  • 手羽先
    酒のつまみです。
  • ドテ
    酒のお供です。
  • ひつまぶし
    高級すぎて、ほとんど食べる機会はありません。
  • 鬼饅頭
    芋饅頭と言ったり。
    母親が作ってくれたりしました。今でも好きなおやつ。
    このブログを書くに当たって、ローカルな食を検索して出てきた。
    今の今まで、この地方の食べ物とは思っていなかったです!

もっと思い切ってローカルに、瀬戸の食文化と言うと。

  • 串だこ
    串に刺さったたこ焼きです。
    陶器職人が手が泥だらけでも手軽に食べられるように、と言う起源説もある。
  • ゴモ
    五目ごはん,五目メシですね。
    やはり、窯職人がおかずとご飯と一緒にかっ込めるからと言う説。
  • うなぎ
    真夏でも高温の窯を守る職人の精力増進。

基本的に職人中心の文化が形成されてますね。
瀬戸って言うのは、面倒臭がり屋さんが多いのでしょうか?
たしかに、気性は荒いと思います。

|

« 次回の出場、困難かな | トップページ | 陶のあかり路 »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋スタイル/瀬戸スタイル:

« 次回の出場、困難かな | トップページ | 陶のあかり路 »