« 車検 | トップページ | バックライト »

2006年11月27日 (月)

ざら板

普通だと思っていた言葉が普通じゃないシリーズ(?)
中日新聞のネタより

「ざら板」ですけど、瀬戸でも普通の言葉です。でも、一般的には「スノコ」と言うらしいですね。
新聞によると、名古屋市が業者に発注する際も名称は「ざら板」と言う事で、行政の用語としても使われているのです。

語源いついても言及されていました。

  1. ざらざらの板
  2. ざらにある板

正解は2番です。
職人さんによると、「子どもが乗るので表面はスベスベに削って、丁寧に角も取っているので、『ざらざら』なんて事は無い!」との事。
国産材(ヒノキなど)の端切れで作ったりするので、どこにでもある板と言う事なのですが、最近では、国産材が珍しくなってしまいました。

ネットでもざっと調べてみました。

最後の2件は「東北地方」・・・でも?・・・方言??。

|

« 車検 | トップページ | バックライト »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ざら板:

« 車検 | トップページ | バックライト »