« 怪談公式ページ(M10) | トップページ | 免許更新しなきゃ(M7) »

2006年9月28日 (木)

10万円(M9)

8月3日に「カードを使わずに現金のみで手続きする場合、現金自動預払機(ATM)では10万円を超える振り込みができなくなる。」って書きました。
また、「キャッシュカードを使った取引は、口座を開く際に本人確認が済んでいることを前提に引き続きATMでの10万円超の振り込みを可能にする。」とも書きました。

なんだか、雲行きが変わっていますよ。

問題点は、キャッシュカードの場合本人確認が済んでいると言う「前提」です。

金融庁のホームページによると、次のように書かれている。

キャッシュカード発行金融機関とは別の金融機関が提供するATMにキャッシュカードを挿入して10万円超の金額の振込を依頼する場合、振込依頼人の本人確認を行う義務は、キャッシュカード発行金融機関に課される。この結果、ATMを提供する金融機関は、当該キャッシュカード発行金融機関に対し、当該振込依頼人について本人確認済みであるかをATの機械を通じて照会することになる(キャッシュカード発行金融機関から、本人確認済みでない旨の回答があった場合には、当該振込は実行されないことになる)。

要するに、キャッシュカードの取引でも、本人確認されていない場合は、10万円を超える振込みは出来ないと言うことです。

また、金融庁の資料には、次のようにも書かれている。

<預貯金口座を通じ振込みを行う場合>
ATM、窓口、インターネットバンキングのいずれにおいても、従来と同様の手順・方法で振込みを行うことが可能です。
ただし、口座開設の際に本人確認が行われていない場合には、本人確認書類の提示がないと振込みができないことがあります。
(例示:他行のカード)
実際の事務の流れとしては、まず、B銀行以外の銀行(ATM提供銀行)は、ATMの機械を通じてB銀行に対して照会を行います。これを受けて、B銀行は、口座保有者である預金者Aについて本人確認済みかどうかの確認を行い、ATM提供銀行に対し回答を行います。
この場合、B銀行は、預金者Aについて本人確認済みであることが確認できた場合には、改めて運転免許証等により本人確認を行う必要はありません。一方、本人確認済みであることが確認できない場合には、当該預金の払戻しは実行されません

まとめると、以下のようになる。

  • 口座開設時に本人確認が出来ていないと、キャッシュカードでも振り込みできない。
  • 他行のATMの場合でも銀行間で確認が行われ、本人確認できていないとの回答の場合には、振込できない。

大問題なのは、「銀行間で確認」する方法です。

NAZの知る限りにおいて、他行のキャッシュカードを使ったATMの振り込みで、相手銀行に対して、本人確認済みであるかどうか「照会」する取引は存在しないと思う。
さらに、その照会に対して「回答」する方法もないはずです・・・。

システム対応は一体どうするんでしょう...??

来年1月からなので、時間がないですよ...!!

|

« 怪談公式ページ(M10) | トップページ | 免許更新しなきゃ(M7) »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10万円(M9):

» 現金化って何だ?? [現金化.com]
現金化って知ってますか? 現金化って何なんでしょうか? [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 20時40分

« 怪談公式ページ(M10) | トップページ | 免許更新しなきゃ(M7) »