« 批判 | トップページ | 朝帰り »

2006年6月12日 (月)

記号と番号

2007年10月から郵便貯金が民営化されて、『郵便貯金銀行』になるんだったかな。
で、2008年の内に「全銀システム」に加盟して民間銀行との間で相互に振り込み出来るようにする方針らしい。

って新聞に出てた。

さて、現在、普通に銀行で振り込みをする時、次のような内容で振り込み相手を指定しますよね。

  • 銀行名 (銀行コード=4桁)
  • 支店名 (店舗コード=3桁)
  • 預金種目 (普通預金,当座預金:コード=2桁)
  • 口座番号 (7桁まで)
  • 口座名義人 (半角カタカナで48桁まで)

でも、郵便貯金の振り込みって全く違うよね。

  • 記号 (5桁?:自分のぱるる通帳の場合)
  • 番号 (8桁?:同上)
  • 口座名義人 (?)

銀行名(銀行コード)は民営化で採番されるかも知れません。
でも、「店舗」の考え方って郵便貯金には無いように思います。
種目や口座番号も、桁数などが合致しないですよね。

一体どうするつもりなんでしょうねぇ?
民間金融機関のオンラインシステムに(細々と)携わっている身分としては、非常に気になってしまいますが・・・。

窓口での振込なら、まだ、何とかなるけど、ATMでの振り込みの場合はどうするんでしょうね?

ATMの振込みの場合、「全銀システム」で振り込みをする前に、「キャッシュサービス」の機能を使って振り込み相手先(受取人)の口座名義人名をリアルタイムでやり取りしてます。(「受取人口座確認」機能と呼んだりします。)
だから、相手先の氏名をわざわざ入力しなくても良い訳です。

郵便貯金銀行』は「キャッシュサービス」にも絶対加盟して頂かないと非常に困りますよ。
民間の銀行でも一部の銀行は「全銀システム」のみ加盟して、「キャッシュサービス」に加盟していないところがあって、ATMから振込めなかったりします。
それは、たぶん、この「受取人口座確認」が出来ないからです。
不便に感じた方もいらっしゃるのではないかと思います。

例えば、「ジャパンネット銀行」とか。

ATMだけが問題かと言うと、必ずしもそうではなく、上記のようなコード体系が違うと言う事は、銀行側のオンラインシステムの大幅な改造が必要になってしまいます。

ま、しばらくは様子見ですかね。

ところで、この「受取人口座確認」の機能ですが、NAZ個人の考えとしては、個人情報の保護の観点から、完全な違法システムだと思っています。

だって、だって、「銀行」と「支店」と「種目」を選択して、口座番号を適当に入力すると、(その口座番号が存在すれば)「個人の氏名」が、ATMの画面に勝手に表示されちゃいますよ。
こんな事を野放しにしておいて良いのでしょうか??
疑問で、疑問で、仕方ありません。

このシステムの適法性を、ご存知の方、ぜひお教えください。
よろしくお願いします。

|

« 批判 | トップページ | 朝帰り »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記号と番号:

» 別番号 [届かない日々のため息]
ゆうちょ銀行が来年1月から全銀システムに接続する件について、以前にも書きました。 [続きを読む]

受信: 2008年8月 5日 (火) 02時17分

« 批判 | トップページ | 朝帰り »