« 心の余裕 | トップページ | シュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星 »

2006年4月30日 (日)

コールドゲーム

東京ドームでの対巨人戦。
4回で 10 、5回で 15 でした。

プロ野球で「こんなのあり?」って感じですよね。

ちなみに、高校野球なら「コールドゲーム」ですよ。
ちょうど、高校野球の春の県大会の準決勝がありましたが、
同朋11-2春日丘
享栄3-0豊田西
でしたよ。

二岡選手がプロ野球史上初の「2打席連続満塁ホームラン」を含む3本塁打、しかも、セ・リーグタイ記録の「1試合10打点」のオマケつきです。

首位とのゲーム差がに開いた。
と言うより、3位とのゲーム差が0.5になってしまった方が危機感大きいですよね。

とは言うものの、ドラゴンズ不滅です。
まだまだ、諦めるには早い。

・・・でもねぇ
もうすぐ、鬼門(?)の交流戦が始まるじゃないですかっ!
・・・すっごく
心配で~~っす。

* * *

瀬戸市の「招き猫ミュージアム」の来館者が1万人を達成した。
以下、新聞記事引用。

招き猫ミュージアム1万人 
瀬戸、予想上回る1年余りで
 招き猫専門博物館として昨年三月にオープンした瀬戸市薬師町の「招き猫ミュージアム」の来館者が二十九日、一万人を突破した。予想より大幅に早い一年一カ月余りの達成で、ミュージアム関係者は「今後も瀬戸に観光客を呼ぶ『招き猫』になれば」と集客効果に期待している。
 瀬戸は明治時代から焼き物の招き猫を量産してきた有数の生産地であることから、市内の陶磁器置物メーカーが、国内有数の招き猫コレクターから収集品を借りて、ミュージアムを開館。大正時代の洋館建築の外観や、ユニークな企画展が注目を集めている。
 この日、同館を訪れた名古屋市名東区の柴田さと子さん(45)と将吾君(9つ)ら家族が一万人目となり、記念品の招き猫の置物が贈られた。
 鈴木政成館長は「ミュージアムが街のブランド力を高める役に立てば、瀬戸に人が集まり、陶磁器産業の活性化につながる」と話している。

|

« 心の余裕 | トップページ | シュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星 »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コールドゲーム:

» 今日のドラ 巨人15−4中日 [たなごころ]
じゅ、じゅ、15点?圧倒的な大差で中日は惨敗です。二岡がプロ野球史上初の2打席連 [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 11時57分

« 心の余裕 | トップページ | シュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星 »