« 車速 | トップページ | SUPER AGURI »

2006年1月27日 (金)

ホリエモンとコンプライアンス

ホリエモンのニュースを見ていたら「コンプライアンス」って言葉が出てきた。
意味として「法令遵守」と言う解釈で話されていた。

NAZは前に書いた事があるけど、短絡的にそう言う解釈をするのは好きではないし、間違っていると思う。
まぁ、今回は違法行為をしたかどうかと言う点が論点なので、仕方ないかもしれないけど。

当のホリエモンとしては、「法律は犯していない」と主張しているらしい。
実際、そう思って会社運営をしていたんだろう。
ただし、「法律スレスレ」「法のハザマを縫う」と言うような感じなのでしょう。

NAZ的には「コンプライアンス」は、「社会貢献」だと思っているのです。
そもそも「法令遵守」と言うのは「当たり前」・「最低限」レベルの話であって、本来は、法制化されていようがいまいが「人に迷惑をかけない」状態じゃなければいけないですよね。
さらに一歩進んで、迷惑をかけないどころか、人・社会の「役に立つ」事こそが「コンプライアンス」と考えているのです。
だから、ギリギリでも法を犯さなければ良いという考え方はナンセンスで、「社会貢献」と考えるのが妥当だと思うのですよ。

ホリエモンがそのような初歩的な勘違いをしていたならば、その責は「コンプライアンス」の意味を正しく世に普及させなかったと言う意味で、政治家や役人,学者,有識者にもあると思うのだがどうでしょうネ。

|

« 車速 | トップページ | SUPER AGURI »

ため息(旧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンとコンプライアンス:

« 車速 | トップページ | SUPER AGURI »