« 宇宙旅行 | トップページ | トルコGP »

2005年8月20日 (土)

巻き爪矯正(2)

以前、メインページの「ひとりごとコーナー」の2004年10月11日の所に、巻き爪の自力での矯正について書きました。
…その後について紹介します。

あれ以降、ワイヤーを入れている状態だと、とにかく痛みがなく、とても快調なんです。
ちょうど爪が長くなった状態ですので、ワイヤーの2本刺しをしています。(写真参照)

20050820makir120050820makil1

ちょっと写真写りが良くありません。

 

20050820makir2

20050820makil2

クリックで別ウィンドウで拡大されます。

 

あまり綺麗じゃないものをお見せして申し訳ないです。

しかし、なかなか完全にまっすぐには伸びませんねぇ。
それに、ワイヤーを取り外すと、みるみる爪が巻き込んで行くのが判ります。
NAZは「超弾性ワイヤー」による矯正が、最も優れた治療法じゃないかと思いますが、完全に落ち着くまでどれくらいの期間が掛かるのでしょうか?

気が向いたら、また、状況を報告しようと思います。
以前のように、手術って言うのは避けたいんです。
「手術」って言うと聞こえは良いですが、実際の内容は「生爪を剥ぐ」んです。
いわゆる・・・拷問と同じですね。

|

« 宇宙旅行 | トップページ | トルコGP »

巻き爪&歯槽膿漏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巻き爪矯正(2):

» 巻き爪の矯正経過(M38) [届かない日々のため息]
M38天文ファンにとっては「ぎょしゃ座の散開星団」が思い浮かぶかも知れません。… [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 03時12分

« 宇宙旅行 | トップページ | トルコGP »