« 親子の絆? | トップページ | 「せともの祭り」の悲しい事実 »

2005年6月27日 (月)

バッシ・バシ・抜歯

右上一番奥歯、抜歯。

少し前に、歯間ブラシで歯の破片(?)が「バキッ」って取れた。
それ以来「グラグラ」で、どうにも元に戻る雰囲気が無く、歯科医で抜歯に至った。

これまでに何本抜いただろう。
それにしても最近の歯科は、無痛治療が定着して助かりますネ。
以前は、「麻酔」なんて言われると、すごく嫌だったよ。
治療そのものよりも麻酔の方が痛いんだから。
ところが今日はその麻酔が全然痛くなかった。
たぶん、麻酔の前に歯茎の表面を軽く麻痺させるような薬を付けているんじゃないかと思う。
そして、抜く時も何も感じなかったし。

あ~ぁ、一体、何本の歯が残るんでしょうね。
歯槽膿漏は、実に恐ろしい病気です。

|

« 親子の絆? | トップページ | 「せともの祭り」の悲しい事実 »

巻き爪&歯槽膿漏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッシ・バシ・抜歯:

» ●歯周病生活記 :: 第15話 :: では来週の土曜日、朝九時三十分にきてください。 [歯周病生活。]
 巷でよく「セカンドオピニオン」や「インフォームドコンセント」の重要性がとかれている。これは、治療の過程だけでなく、初診時の治療方針や治療に要する費用の開示といったことについても当然のことであり、長期(1年とか)の治療を要するときには、収入の大小にかかわ... [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 (日) 09時57分

« 親子の絆? | トップページ | 「せともの祭り」の悲しい事実 »